ブリタニカ

好きなもの、好きなだけ、好きなように

※感想については全てネタバレあり。くれぐれも鑑賞後にご覧ください※

響~小説家になる方法~

作者:柳本 光晴

掲載:ビッグコミックス

区分:漫画   

評価:★★★★

 

 絵はヘッタクソ。しかし、悪くはなく許せる範囲。無駄に上手いより全然良い。セリフは、絶妙にとぼけた感じが作者のセンスを感じる。しかし、漫画としてはどうなんだろう。コマ割りとかさすがに良く分からないが魅せ方は正直微妙……? タイトルもヘッタクソ。こっちはマジでダメだと思う。別の作者が付けたのかと疑うレベルで酷い。いやマジでどういうこと?

 そして扱う題材は最高。それ以外は正直凡庸だし、これがかの高名なマンガ大賞を獲るなんて信じられないが、取り上げたテーマだけで、自分の中ではアカデミー賞ものですよ!! 「純文」なんていう斜陽真っ盛りのマイナーコンテンツを、媚びずに堂々と書き上げている点が何より凄い。何度でも言うけど、ストーリーやキャラクター等の中身は残念ながら普通。しかしその題材が異色。それを浮いたままではなく、しっかりと掴んでマンガに仕立てているところがこの作品の全てである。これが大賞を獲るってことは、純文も捨てたもんじゃない?とはさすがに思わないけど。

……まあ。キャラやストーリーのぶっとび方が評価されたのであれば、然るべきことだろうが、残念だなと思う。反面、需要ってのは中々長続きするもんだなと考えさせられる。せめて、純文という目新しさに魅かれたのであれば、と祈るばかり。ただ、リカさんのキャラクターは人間臭さ全開で一番好きだったなあ。