ブリタニカ

好きなもの、好きなだけ、好きなように

※感想については全てネタバレあり。くれぐれも鑑賞後にご覧ください※

セッション

監督・脚本:デミアン・チャゼル

出演:マイルズ・テラー

区分:映画

評価:★★★

 

音楽が主題の映画だが、音楽を知らない人でも十二分に楽しめる。というか、逆に音楽を良く知っている人(特にジャズ、ドラムについて)は楽しめないらしい。だから音楽映画というより、かなりダークな青春映画、とでも表現した方が良いのかもしれない。

自分がこの映画のどこに一番好感を持ったかといえば、「余計なものが少ないこと」を挙げるだろう。本作品は、主人公ニーマンと指導者フレッチャー、二人の『セッション』を軸に物語は進行するのだが、まさにそのために必要な場面が必要なだけ用意されている(恋人との別れや家族との軋轢など、必要ではあるが、その割に中途半端に触れた感の強い要素もあるにはあったが)。訳のわからんシーンが多い謎映画とは一味違い、この作品が何を目指しているのか、この作品を通して何を伝えたいのか、それを終始訴え続けてくれる非常に親切な映画である。

一方で、映画史を塗り替える!とかいう、これまた大仰なキャッチコピーのラストシーンは、消化不良気味であった。ニーマンがフレッチャーの復讐に、復讐で応え、やがてその衝突が理想の演奏に昇華される、というのは大層キレイなエンディングで、エンドロールに入るタイミングもばっちりだった。悪くはないし、確かに面白かった。しかし、自分の評価は星三つ。なぜなら、その理想の演奏が実現したのはフレッチャーが意図したことではないのか? 要するに、ニーマンへの復讐はそのための布石だったのではないか? という解釈の余地があったから面白いと思ったのである。理想のエンディングは、フレッチャーも、それを巻き起こしたニーマン自身も、それがなぜ起こったのか誰にもわからないところで、作品は終わっている。そこに、フレッチャーが実は全て意図していたのでは? という可能性がさらに加わることで、一層面白くなる余地もあったのだが、それはよくよく考えてみれば、自分の勘違いだったのだ(シモンズの演技をみれば、フレッチャー自身も全く予期していなかったことは、明らか。フレッチャーが意図していたのかも、という伏線は全く出てこないので、作品はその可能性までは意図していない)。まあ、逆にその「予想外」こそ評価すべき点だ、という声が大衆を占めるのだろうが。

最初にこれは音楽の映画ではないと言ったが、だからといって、代わりにスポーツとか恋愛とか何か結果が明確にわかるものが題材として選ばれていたら、あのラストはさらに薄っぺらい出来になっていたと自分は確信している。音楽、という形がなく評価が分かれるもの(奇しくも劇中でニーマンの家族が『音楽なんて人の好みで結果が変わるんだろ?』と嘲笑していたのが印象的)だったからこそのラストなのだ。音楽は一般的に芸術というジャンルに入る。そして、芸術って何? という質問に納得のいく答えが出来る人には普通お目にかかれない(「芸術なんて人それぞれで感じ方変わるっしょ」的な模範解答が関の山)。要するに、それくらい未確定要素のある芸術-音楽をベースに展開したからこそ、あのラストには深みと感動が生まれる余地が確保できたのである。